豊田市で飲食店を開業するなら、山内聖堂税理士事務所・あいち飲食店開業資金支援センターへ。飲食店の融資・経営に強い税理士が、飲食店開業資金の獲得から繁盛化までをサポートします。飲食店開業は最初が肝心です!

  • トップ
  • 愛知県豊田市で飲食店を開業するなら、あいち飲食店開業資金支援センター

愛知県豊田市で飲食店を開業するなら、あいち飲食店開業資金支援センター

愛知県豊田市で飲食店を開業するなら




愛知県豊田市で飲食店の開業をお考えの方

次のような悩みはありませんか?


・飲食店を開業したいけど、
 何から手をつければ良いか分からない方。

・料理の腕には自信があるが、
 資金繰りや販促方法が分からないので独立を躊躇している方。

・飲食店開業融資について
 一度専門家に相談してみたい方。

・理想の物件を見つけたので、
 早く確実に融資を獲得する必要がある方。

・飲食業創業で失敗したくない方。

・広告宣伝を安く行って
 お店を繁盛店にしたい方。

・お店を多店舗展開して、
 飲食店経営者として成功したい方。



上記に1つでも当てはまる方!

豊田市での飲食店開業には

飲食店専門税理士に頼るのが安心

です。

飲食店の融資・経営に強い税理士が代表を務める、

あいち飲食店開業資金支援センターにお任せください。


飲食店開業資金獲得支援から、

お店の繁盛化・多店舗化まで総合的に支援します。



開業融資は、最初が肝心です!

豊田市で飲食店を開業したいと考え始めたあなた。

実は、

専門家に頼らないで開業資金の融資申し込みを
自分の判断で行った場合、

その融資成功率は2割以下であると言われています。


さらに、

一度審査に落ちてしまうとそれから半年間、

再申請が出来ない可能性があります。


融資を獲得できたとしても、

経営が軌道に乗らなければ、

借りたお金を返すことができません。


飲食店を開業して、

1年程度で廃業するお店がありますが、

その最大の理由は、

お店の経営が軌道に乗るまでの充分な資金を
創業時に獲得しなかったことにあります!


飲食店の開業には、

明確な資金計画があったほうが安心です。

豊田市で飲食店開業を考え始めたら、

飲食店専門税理士に相談することをオススメします。



飲食店開業資金調達の詳細はこちら

飲食店開業後の販促サポートはこちら

無料相談のお問合せはこちら


飲食店は立地商売

飲食店商売の成否の要因の多くは、

お店の立地にあると言われますが・・

それは、

良い場所で営業しなければいけない
ということではなく、

自店のコンセプトに合った立地を選択する。

または

立地に合ったコンセプトで商売をする。

という視点が必要です!!

コンセプトについてはこちらからご覧ください。


あいち飲食店開業支援センターでは、

飲食店専門税理士が、

あなたの強みと立地特性から

コンセプトや業態を決定するお手伝いをし、

なるべく低コストで開業できるよう支援しています。


店舗物件選定のポイント

店舗物件の選定には次の2つの視点が重要です。

・お店のコンセプトに適合した立地であるか?

・商売として成り立つ物件であるか?

豊田市の場合は、

その地域の人口構成が将来どうなるか?

という視点も大切になります


一般的な立地評価に囚われずに、

自分のお店にとってどうなのか?

ということを念頭に置いて
調査をすることが大切です。


店舗物件選定における調査には

具体的に

・商圏の立地特性調査

・物件の立地調査

・物件条件調査

などがありますが、

今回は、

豊田市の商圏の立地特性

について調べてみました。


豊田市で飲食店を開業しようとしている方は、

参考にしてください。

商圏の立地特性調査

まず、

商圏の立地特性調査とは一般的にどういうものか、

簡単にお伝えします。



目的
商圏内においてどのくらいお客を見込めるか?

を調べるため。
   
つまり

立地に合ったコンセプトを考えるために行います。



方法
商圏設定エリア内をくまなく回りましょう。

曜日、時間帯、天気と
条件を変えて何度も調査することで、

エリアの全体像をつかみましょう。



ポイント
町のタイプと人の動きを知る

まず、人の流れを確認しましょう。

店前だけでなく、

周辺の道路を含め
どのような人が通っているかチェックしましょう。

次に市役所やネットで
人口動態(人口構成、世帯数、男女比)を調べましょう。

重要なのは町の将来像を知ることです。


再開発や大型商業施設の誘致計画など、

プラスの要因があるか知ることができます。


豊田市の場合は、

マイナスの要因に備えるという視点も必要になるでしょう。



立地特性は、

大きく分けて

①オフィス立地

②住宅立地

③商店街立地

④ロードサイド立地

⑤繁華街立地

⑥観光立地

に区分されます。



立地特性によって業種の向き不向きがあり、

また、

同じ業種でも商売のあり方(業態)が変わってきます。


立地特性を見極め、

それに合った商売をすることが重要です。


豊田市の立地特性

豊田市は愛知県のほぼ中央に位置し、

周辺の町村を吸収合併した結果、

愛知県全体の17.8%の
広大な面積を持つまちになりました。


全国有数のクルマのまちとして知られ、

ものづくりの中核都市としての顔をもつ一方で、

市域のおよそ7割は森林や田園であり、

緑のまちとしての側面も持っています。


総人口は昭和55年以降増え続けており、

平成30年8月1日現在の総人口は

425.926人となってます。


愛知県のなかでは、

名古屋市に次いで第2位の人口数となっています。


しかし、

生産年齢人口は減少に転じており、

老年人口(65歳以上)は大幅に増加しています。


出典:豊田市人口ビジョンまち・ひと・しごと創生総合戦略


男女別人口構成比では、

20代後半から30代の
男性の人口が多い点に特徴がある。



男女比は全体で10%ほど男性が多いが、

20~39歳の人口比は28%男性が高くなっている。


出典:豊田市人口ビジョンまち・ひと・しごと創生総合戦略


世帯構成の国勢調査結果によると、

夫婦のみ世帯と単独世帯の総数が増加している。


出典:豊田市人口ビジョンまち・ひと・しごと創生総合戦略

そのなかでも、

65歳以上の親族がいる世帯の数が増え続けており、

65歳以上の単独世帯の世帯数が、


昭和60年の6倍、

65歳以上の親族のみの世帯数は、

平成2年の約5倍まで増加している。

出典:豊田市人口ビジョンまち・ひと・しごと創生総合戦略

将来展望人口においても、

総人口が2030年にピークを迎え、

2040年まではほぼ同数で推移するものの、

生産年齢人口が減少する反面、

65歳以上人口が大幅に増加し、

高齢化率が30%を超えると予想されています。




出典:豊田市人口ビジョンまち・ひと・しごと創生総合戦略

2040年の年齢別人口ピラミッドから、

今後豊田市で飲食店を開業するのであれば、

ポジショニングとして、

60歳以上をメインターゲットとした店づくりや、

限定サービスを検討する必要もあるでしょう。



豊田市の事業所は、

クルマのまちと言われる通り、

製造業のなかでも、

輸送用機械器具製造業に従事する者が圧倒的に多く、

2018年5月豊田市統計書によると、

従業者数は8万人を超えています。


ただし、

事業所数としては、

卸・小売業の数が一番多くなっており、

小規模事業所が多いのが特徴です。



飲食サービス業の事業所は、

2018年5月現在1.787事業所あり、

そのうち974事業所は従業者数が4名以下です。


豊田市で飲食店を開業するなら、

まずは卸・小売企業の歓送迎会や忘年会などの、

小規模事業所の宴会需要をとれるように、

販促を戦略的に行いましょう。


豊田市に飲食店を開業するなら、飲食店専門税理士に相談しましょう。

豊田市はこれまで、

自動車産業の拠点性の高さゆえ、

20歳前後の男性を全国から集めてきており、

20~30代の人口割合が比較的若いまちとなっていました。


しかし、

今後は団塊世代の後期高齢化などにより、

急速に超高齢社会へ転換していくことが見込まれています。


豊田市の立地特性としては、

自動車工場を中心としたオフィス立地

豊田市駅を中心とした繁華街立地

メインストリートを中心とした

ロードサイド立地

名鉄豊田線や愛知環状鉄道の郊外各駅を中心とした、

住宅立地が主なものとなっています。


住宅立地ロードサイド立地では、

地域住民の年齢構成や世帯構成が高齢化するため、

2030年頃を境にして、

業態を変更する必要に迫られるかもしれません。


豊田市での飲食店開業を必ず成功に導き、

2030年以降の変化に対応したいとお考えであれば、

飲食店専門税理士に一度相談してみましょう。


開業資金の獲得やコンセプト立案、

開業後の販促戦略などをサポートいたします。



初回の相談は無料で行っています。

こちらよりお問合せ下さい。



一覧に戻る

無料プレゼント!

開業後に後悔しないために、
用地決定の前に読むべき
「飲食店開業のしおり」を無料プレゼント!

あいち飲食店開業資金支援センター
ご相談・お問い合わせ