名古屋市の金融・商業の中心地である、名古屋市中区で飲食店を開業するなら、あいち飲食店開業資金支援センター。飲食店専門税理士が、飲食店創業融資の獲得から繁盛化までを支援いたします。

  • トップ
  • 名古屋市中区で飲食店を開業するなら、山内経営会計事務所

名古屋市中区で飲食店を開業するなら、山内経営会計事務所

名古屋市中区で飲食店を開業するなら愛知県の飲食店専門税理士に相談しよう。



名古屋市中区、

栄駅周辺などで飲食店の開業をお考えの方


次のような悩みはありませんか?


・飲食店を開業したいけど、
 何から手をつければ良いか分からない方。

・料理の腕には自信があるが、
 資金繰りや販促方法が分からないので独立を迷っている方。

・飲食店開業融資について
 一度専門家に相談してみたい方。

・理想の物件を仮押さえしたので、
 早く確実に融資を獲得する必要がある方。

・飲食業創業で失敗したくない方。

・広告宣伝を安く行って
 お店を繁盛店にしたい方。

・お店を多店舗展開して、
 飲食店経営者として成功したい方。



上記に1つでも当てはまる方!

名古屋市中区での飲食店開業には

飲食店専門税理士に頼るのが安心

です。

飲食店の融資・経営に強い税理士が代表を務める、

山内経営会計事務所
あいち飲食店開業資金支援センター

にお任せください。


飲食店開業資金獲得支援から、

お店の繁盛化・多店舗化まで総合的に支援します。



開業融資は、最初が肝心です!

栄などの中区で飲食店を開業したいと考え始めたあなた。

実は、

専門家に頼らないで開業資金の融資申し込みを
自分の判断で行った場合、

その融資成功率は2割以下であると言われています。


さらに、

一度審査に落ちてしまうとそれから半年間、

再申請が出来ない可能性があります。


融資を獲得できたとしても、

経営が軌道に乗らなければ、

借りたお金を返すことができません。


飲食店を開業して、

1年程度で廃業するお店がありますが、

その最大の理由は、

お店の経営が軌道に乗るまでの充分な資金を
創業時に獲得しなかったことにあります!


飲食店の開業には、

明確な資金計画があったほうが安心です。

名古屋市中区で飲食店開業を考え始めたら、

飲食店専門税理士に相談することをオススメします。



飲食店開業資金調達の詳細はこちら

飲食店開業後の販促サポートはこちら

無料相談のお問合せはこちら


飲食店は立地商売

飲食店商売の成否の要因の多くは、

お店の立地にあると言われますが・・

それは、

良い場所で営業しなければいけない
ということではなく、

自店のコンセプトに合った立地を選択する。

または

立地に合ったコンセプトで商売をする。

という視点が必要です!!

コンセプトについてはこちらからご覧ください。


あいち飲食店開業支援センターでは、

飲食店専門税理士が、

あなたの強みと名古屋市中区の立地特性から

コンセプトや業態を決定するお手伝いをし、

なるべく低コストで開業できるよう支援しています。


店舗物件選定のポイント

店舗物件の選定には次の2つの視点が重要です。

・お店のコンセプトに適合した立地であるか?

・商売として成り立つ物件であるか?


一般的な立地評価に囚われずに、

自分のお店にとってどうなのか?

ということを念頭に置いて
調査をすることが大切です。


店舗物件選定における調査には

具体的に

・商圏の立地特性調査

・物件の立地調査

・物件条件調査

などがあります。



名古屋市中区の商圏の立地特性

を調べたうえで、

中区に合ったコンセプトで開業しましょう。


立地特性調査について詳しくはこちら


栄駅周辺などで飲食店を開業を考えている方は、

参考にしてください。

名古屋市中区の立地特性は?

名古屋市中区は、

名古屋城の城下町として発展してきました。


名古屋市の中央部にあり、

名古屋市役所や愛知県庁をはじめ

様々な公的機関が居を構えており、

名古屋だけでなく、

中部圏全体にとって

重要な役割を果たしている地域といえます。



平成30年8月現在の人口は、

88.784名(男性43.833名・女性44.951名)で、

世帯数は59.051世帯となっています。



平成28年経済センサスのデータによると、

名古屋市中区の事業所数は21.141事業所あり

従業者数は304.114名です。


住民に対して、

従業者数が3倍以上いるので、

商業地立地としての特性が際立っています。



そのうち、

宿泊業・飲食サービス業の事業所数は5.082事業所、

48.564名の人が働いています。



中区は、

地域別に様々な特徴を持っています。


北部地域には、

名古屋城を中心とした観光立地と、

名古屋城を取り囲むように官庁街が形成され、

商業地立地としての特徴を持っています。


今年春に、

名古屋城の近くに金シャチ横丁が開業し、

名古屋めしのアイコン的地域として、

ますます観光客を取り込んでいくでしょう。



その南に位置する栄地区は、

大規模な百貨店や複合ショッピングビルなど、

数多くの商業施設が集中する商業地立地です。


また、

錦を中心に多数の飲食店があり、

週末や夜は繁華街立地としての性格が色濃くなります。



さらに南の大須観音周辺は、

大須商店街を中心とした

商店街立地としての特徴があります。


また、

文化や娯楽の発信地域として、

観光客である若者や外国人が集まる、

観光地立地でもあります。



中区最南部の金山地区は、

JR線・名鉄・地下鉄が乗り入れる金山総合駅を中心に、

人の往来が激しく、

商業施設も充実している地域となります。



中区の居抜き物件を検索したところ、

10坪~20坪の店舗が数多く存在し、

当然ながら路面店の坪単価は高めです。


ただし、

物件の数は豊富ですので、

人の流れを確認し、

その地域に合った飲食店を開業しましょう。

名古屋市中区で飲食店を開業するなら、飲食店専門税理士に相談しましょう。

名古屋市中区は、

名古屋だけでなく中部圏の中心地として、

ビジネス・観光客が集まり、

人の往来が多い地域です。


また、

地区によって立地特性が異なるといった特徴があります。


 
名古屋駅周辺同様、

賃料などの初期投資は高くなり、

大手飲食チェーン店が激しく競い合う激戦区です。


しかし、

マーケットの規模がとても大きいことと、

狭小店舗が多いという特徴もあるため、

小規模資本の飲食店であっても、

チェーン店などと戦う術は必ずあります。



このような特徴がある中区で、

人の流れや立地特性を見極め

大手飲食店との戦いに負けないで、

飲食店開業を必ず成功に導きたいのであれば、

飲食店専門税理士に一度相談してみましょう。


飲食店専門税理士が、

開業資金の獲得やコンセプト立案、

開業時の販促戦略などをお手伝いいたします。



初回の相談は無料で行っています

こちらよりお気軽にお問合せ下さい。



一覧に戻る

無料プレゼント!

開業後に後悔しないために、
用地決定の前に読むべき
「飲食店開業のしおり」を無料プレゼント!

あいち飲食店開業資金支援センター
ご相談・お問い合わせ