飲食店の多店舗化はチームメンバーの相互理解から!「自己表現」と「自己主張」の違いを理解して、飲食店の多店舗化を実現する強いチームを作ろう~飲食店の経営を改善し、多店舗化を実現するチームビルディング

  • トップ
  • 「自己表現」と「自己主張」の違いを理解して、飲食店の多店舗展開を実現する強いチームを作ろう

「自己表現」と「自己主張」の違いを理解して、飲食店の多店舗展開を実現する強いチームを作ろう

「自己表現」と「自己主張」

愛知県の「こだわり」飲食店の創業や多店舗化を
「お金」と「チームビルディング」で

戦略的に加速する税理士の山内聖堂です。

二回にわたって、
「自己表現」「自己主張」について書いてきました。

自己表現と自己主張の把握は、
飲食店の多店舗展開に必要な、
創造的なアイデアを生むコミュニケーションにとって重要です。


「自己表現」についてはこちら

「自己主張」についてはこちら


「字も似ているし、何が違うの?」


最初この知識を得た時のわたしの感想です。


今回はこの両者の違いを簡単に説明します。

「自己表現」と「自己主張」の違い

この2つの最大の違いは、
そこに他人が関係するかどうかです。


「自己表現」は、
「意見や感情を表に出すか、出さないか」
がポイントです。


言い換えると、
自分の考えを口に出さないと気が済まないか、
黙っていても平気か。
の違いとも言えます。


一方、「自己主張」は、
「自分の考えを相手が受け入れるかどうか」
が重要です。


言い換えると、
相手に自分の意見に賛同してほしい度合い
とも言えます。


具体的に言うと、

「このパスタ美味しい!」
感動を口にするのが「自己表現」の強い人


一方、

「このパスタ美味しいからちょっと食べてみて!」
相手に勧めるのが「自己主張」の強い人と言えます。

人の思考は、自己表現×自己主張で表に現れます。

「自己表現」と「自己主張」の違いが、
思考の現れ方にどう影響するか、

「多店舗展開を話し合う経営会議」
を例に説明してみます。

文章だと伝わりづらいかもしれませんが・・・。


愛知県の豊田市で
「ジビエ」をウリにして繁盛しているお店が、
多店舗展開を計画するにあたり、
どの地域に出店するか会議をしています。


名古屋市の中心地に出店するか、
同じ三河地区ですぐ隣の岡崎市にするか。

候補地は2か所に絞られましたが、
経営者をはじめ名古屋市に出店する意見が主流です。


店長候補の流川君は、
新婚で家が岡崎市に近いので、
できれば岡崎市に出店してほしいと考え、

「出店資金は確実に準備できるのでしょうか?。」

「名古屋と三河は言葉遣いがだいぶ違うので、
アルバイトとのコミュニケーションに不安があります。」

「豊田のお店に出勤しながら、
名古屋のお店の準備をするのは、
皆の負担も増え、時間も足りない気がします。」

などと意見を言いました...。


さて、流川君は「自己表現」「自己主張」のどちらが強いでしょう?




流川君は、「自己表現」が強く
「自己主張」は弱いタイプです。

このタイプは、
正面きって周囲に反論するのは苦手です。

でも、自分の感情は口にせずにはいられないので、
遠回しにいろいろな事をしゃべります。

でも、
流川は何が言いたいか分からない...。

と思われているかもしれません。


もし、流川君が、
「自己表現」「自己主張」が共に高かったら、
どういう反応をしているでしょうか?


たぶん、
「わが社は郊外型モデルで成功しているので、
名古屋市の中心地にお店を出しても
上手くいかない可能性があります。
だから岡崎の方が良いと思います。」

などと言って、自分の意見を言います。

「自己表現」「自己主張」がともに高い人は、
自分の意見をはっきり主張するので、
考えていることが良く分かります。

周りには、ワガママな奴...。

と思われることもあるかもしれません。


では、流川君が、
「自己主張」は強いが
「自己表現」が弱い場合はどうでしょう?


会議の間はほとんど発言しません。

でも、
自分の意見が通らないことにストレスを感じています。

ですので、いざ多店舗展開が決まって
「店長として行ってくれ。」
となった段階で、

「新婚なので無理です。」

と言って断ったり、

最悪の場合辞めていくことも考えられます。


周りには、
流川は何を考えてるか分からん...。

と思われているかもしれません。


皆さんの会社やチームにも、
こんな感じの方がひとりや二人はいるかと思います。


会議の場では、
「自己主張」は強いが、
「自己表現」は弱い人に対しては、

発言を促したり、
自己表現の強さを意識的に上げてもらって、
どんどん発言してもらうような
環境づくりが必要になります。





ただいまHP開設記念として、

多店舗展開にチームビルディングを導入する場合に限り、

半額モニターキャンペーンをやっています。

半額キャンペーンについてはこちら


無料相談をご希望の方は、

ご相談・お問合せより申し込みください。


ご相談・お問合せフォームはこちら

一覧に戻る

無料プレゼント!

開業後に後悔しないために、
用地決定の前に読むべき
「飲食店開業のしおり」を無料プレゼント!

あいち飲食店開業資金支援センター
ご相談・お問い合わせ