豊田市では、働き方改革を変える必要に迫られる事業所に対して、専門家や研修講師を無料で派遣しています。制度を活用し、働き方改革関連法に対応しましょう。

  • トップ
  • 豊田市働き方改革推進事業を活用し、働き方改革について無料で相談・研修を受けましょう。

豊田市働き方改革推進事業を活用し、働き方改革について無料で相談・研修を受けましょう。

2019年4月より働き方改革関連法が順次施行されました。

愛知県の中小企業のヴィジョン実現を
「お金」と「チームビルディング」で
戦略的に加速する税理士の山内聖堂です。

豊田市の働き方改革認定コンサルタントが
中小企業の働き方を改善する
組織づくりについてお伝えします。


2019年4月から、

働き方改革関連法が順次施行され、

中小企業も法律の定めにより、

5日間の有給休暇の取得義務化や、

残業時間の罰則付き上限規制といった

働き方を変えていく必要に迫られています。

働き方改革関連法について、詳しくはこちら


また、

労働人口の減少にともない、

今後は人材の採用・定着がより一層難しくなります。


これからの時代は、

今いる人材を大切にし、

その人材を育てることによって

利益を上げていくことが求められています。

豊田市働き方改革推進事業とは

しかし、

現場の社員が本来の業務をこなしながら、

働き方を変え、

生産性を上げていくのは簡単ではありません。


また、

組織の働き方を変える専門家も少なく、

誰に相談して良いか分からないため、

対応が後回しになることもあるでしょう。


豊田市では、

職場の様々な問題を解決するために、

働き方に関する様々な専門家を無料で派遣する、

働き方改革推進事業という制度があります。


働き方改革法に対応する取組や、

女性活躍推進、

ワークライフバランスに特化した取組など、

検討段階から実行まで、

それぞれの事業所に合った
アドバイスや情報提供を行うとともに、

それぞれの事業所が、

従業員とともに目指す働き方改革をテーマにした、

セミナーや研修会を、

無料で受けられる制度です。


私も、

働き方改革コンサルタントとして認定されています。

働き方改革に必要な打ち手とは。

働き方改革は、

ただ労働時間を削減すれば良いわけではありません。



ただ単にに労働時間・労働日数の削減を行うと、

売上や利益の減少、

社員満足度の減少、

離職率の増加といった問題が次々と起こります。


利益を減らさずに労働時間を削減し、

社員満足度を上げて、

人に選ばれる企業を目指すとともに、

削減した労働時間や残業代を、

仕事の効率化のために振り分け、

生産性の高い組織に変えていくためのものです。



就業規則の変更や設備の導入といった、

単発の施策をするだけでは、

生産性は上がっていきません。


従業員一人ひとりが、

就業規則の変更や設備の導入に対応する、

働き方を身につける必要があるのです。


組織の実力=生産性は、

人×しくみ×関係性

で決まります。


従業員一人ひとりの強みを知り、

その強みを活かすしくみを構築し、

強みを活かせる関係性を築く必要があります。


豊田市の、

働き方改革推進事業を活用し、

あなたの会社の働き方を変えていきませんか?

一覧に戻る

無料プレゼント!

開業後に後悔しないために、
用地決定の前に読むべき
「飲食店開業のしおり」を無料プレゼント!

あいち飲食店開業資金支援センター
ご相談・お問い合わせ