飲食店の経営改善の大きな要素を占める組織開発に必要なフィードバック~部下の成長を促す技術について、あいち飲食店開業資金支援センターがお伝えします。

  • トップ
  • スタッフを育成し飲食店の経営を改善するのに必要なフィードバックとは

スタッフを育成し飲食店の経営を改善するのに必要なフィードバックとは

深刻化する飲食店の人手不足。今いる人材の成長が重要な経営課題です。

愛知県の飲食店の開業や多店舗化を
「お金」と「チームビルディング」で
戦略的に加速する税理士の山内聖堂です。


愛知県の飲食店に特化した税理士が、
飲食店の経営を改善する
飲食店の組織づくりについてお伝えします。


人手不足が慢性化している飲食店において、

今いる人材をいかに成長させ、

経営を任せられる人材を育てていくことが、

企業成長や企業継続の必須条件となっています。


人材をしっかり引き上げないと、

優秀なスタッフに仕事が集中
      ⇩
出来る部下の多忙化
出来ない部下のモチベーションの低下
      ⇩
スタッフの退職
      ⇩
経営者やマネージャーが多忙化
      ⇩
部下が育たず、採用も出来ない。

という負のスパイラルに陥り、

最終的には人手不足で廃業。

といった事態になってしまいます。


そうならないためにも、

現在働いてくれているスタッフを大事にし、

成長させることが、

飲食店の経営上何より大事になってきます。


スタッフの成長という、

経営課題の解決手法のひとつとして、

フィードバックによる部下育成手法があります。


今回は、

フィードバックについて簡単にお伝えします。

部下育成を支えるフィードバックの定義

フィードバックは本来、

大砲で飛ばした砲弾の着弾点が、

本来の目標地点からどれくらいズレているか、

射手に報告すること

を語源とします。


射手はフィードバックを受けることで、

次の砲弾をより目的地に近づけて狙えるようになり。

最終的に目的地に着弾することができます。


経営においてフィードバックを使うのは、

相手に

「現状と経営目標のギャップ」を伝え、

行動や振る舞いのズレに気づかせて、

目標に向かって正確な方向に進むよう、

行動を修正してもらうためです。


人材開発の第一人者といわれる、

立教大学の中原淳教授は、

耳の痛いことを部下にしっかりと伝え、
彼らの成長を立て直す人材育成法

とフィードバックを定義しています。



フィードバックを部下育成に活用するうえでの注意点

フィードバックを活用し、

部下を育成するためには、

チームビルディングの

人材力×組織力×関係力の3つの力のうち、

組織力を整える必要があります。


チームビルディングの3要素、

人材力・組織力・関係力の話をするなかで、


改めて人材力とは何か?というと、

その人本来が持っている個性や、

その人が獲得してきた知識などの専門性

合わせた力のことを言います。


組織力は何か?というと、

会社の経営理念や目的・目標などと、

それらを実行に移すルールなどの整備によって

チームの能力を最大化する力をいいます。


関係力とは何か?というと、

コミュニケーションの取り方とか、

組織内などの人間関係の力のことをいいます。



部下を育成するには、

部下の人材力

経営上どう育てるか(育ってほしいか)

というキャリアプランが必要です(組織力)


そのキャリアプランで定めた(組織力)と、

現在の部下の人材力のギャップに対し、

フィードバックという

コミュニケーション手段(関係力)を使って

その差を埋めるための成長を促すのです。


つまり、

部下の成長のためにフィードバックを活用するには、

上司と部下との間で、

目標が共有されている必要があります(組織力)


また、

耳の痛いことを伝えるためには、

「経営上、成長のためには

耳の痛いことでも伝えなければならない」

という共通認識(組織力)も必要といえます。


このように、

チームビルディングとは、

人材力×組織力×関係力

総合的に高めることを通じて、

成果を上げることを意図した組織づくりをいいます。


フィードバックの能力(関係性)を高めるだけでは、

組織としての能力が高まるわけではありません。


上司と部下が目標を共有し(組織力)て初めて、

部下の能力(人材力)向上の手段として、

フィードバック(関係力)が機能するのです。


人材力×組織力×関係力の3つの力が、

バランスよく成長することを通じて、

組織の能力は高まっていくのです。


チームビルディングの研修では、

フィードバックの研修も行っています。


長くなりましたので、

フィードバックの具体的なやり方については、

後日ご紹介しようと思います。


今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

一覧に戻る

あいち飲食店開業資金支援センター
ご相談・お問い合わせ