飲食店では人手不足解消が大きな経営課題となっています。働き方改革を実現し、魅力ある飲食店となって令和の時代を駆け抜けましょう!

  • トップ
  • 働き方改革を始めるのならば、まずはヴィジョンの共有から始めましょう。

働き方改革を始めるのならば、まずはヴィジョンの共有から始めましょう。

人材難の時代にヒトを採用するのなら、働き方改革は避けては通れません

愛知県の飲食店の開業や多店舗化を
「お金」と「チームビルディング」で
戦略的に加速する税理士の山内聖堂です。


愛知県の飲食店に特化した税理士が、
飲食店の経営を改善する
飲食店の組織づくりについてお伝えします。


ここ数年、

飲食店に限らず様々な業種において、

人手不足・人材不足が問題となっています。


少子高齢化に伴う労働人口の減少により、

人材確保が飲食店の
大きな経営課題となっています。


今までは、

飲食店などの企業側が
働く人を選んできましたが

これからは、

労働者が自分が働く飲食店を
選ぶ時代がやってきます。


世の中のゲームが変わってしまったので、

今までの攻略法では

クリアできない時代がやってきたのです。

これからは、

ゲームの攻略法を、

これまでとは全く違った視点から
考える必要があります。


これからの時代は、

特に若い人材の獲得が難しくなってきます。

もはや、

人材獲得のライバルは
飲食店だけではありません。


すべての業界が、

若手人材獲得のライバルとなっています。


若い人材に選ばれるためには、

若い人材の価値観に、

働き方を合わせていく必要があります。


昨今の若い世代の働き方の価値観は、

高収入を得て高級車に乗るよりも、

自己実現や家族との時間に関心がある。

と言われています。


つまり、

高い報酬よりも、

あなたのお店で働くことで何が実現できるか?や、

家族や友人との時間が取れるか?

が大事だという事です。


一方、

飲食店を含め長時間労働が常態化している業態は、

利益を上げるためには長時間労働をせざるを得ない。

という構造的な問題があります。
だから簡単に変えられないのですが・・・。

そしてこれは、

戦後日本の標準的な働き方であった。

といっても過言ではないでしょう。


そんななか、

日本の長時間労働体質を抜け出した企業として、

味の素の働き方改革の事例が、

日本経済新聞において5日間に渡り紹介されました。

とても示唆に富む内容でしたので、

ご紹介したいと思います。

働き方改革を始めるにはまずヴィジョンを決めましょう。

日経新聞では、

味の素が何故、

他の日本企業に先駆け、

働き方改革をおこなったのか?

についても紹介されています。


味の素は、

「食品会社で世界トップテン入り」

というヴィジョンを掲げており、

そのヴィジョンを実現するためには、

国際的に競争力のある企業に変わる必要があります。


国際的に競争力を持つには、

世界中の優秀な人材を味の素に呼び込まなくてはなりません。


そのためには、

日本の残業を前提とした
長時間労働体質からの脱却

を図る必要
が生じたのです。


そこで味の素は、

~7時間労働で新たな価値を創造する会社~
価値観等に関わらず多様な人材が互いを活かしあい、活躍している

という働き方のヴィジョンを掲げました。



出典:味の素流「働き方改革」と「健康経営」

これって実は、

私たちチームビルディングコンサルタントが
目指す働き方と一致しているんです。


味の素では、

働き方改革を進めた結果、

社員1人当たりの年間労働時間が、

15年の1976時間から、

18年には1820時間まで減少させた結果、

1人の時間当たり売上高は
15%増えたそうです。


働き方改革を進めるのにはヴィジョンの共有が大事!

味の素は、

「グローバル食品企業トップ10」

というヴィジョンを目指すために、

働き方のヴィジョンとして、

「7時間労働で新たな価値を創造する会社」

を掲げました。


つまり会社としては、

労働時間は削減しつつ、

会社の業績は、

世界トップテンレベルまで上げることを目指したのです。


でも、

これって社員の側から見るとどうでしょう?


売上を減らさずに、

労働時間を減らすということを求められる・・・。

頑張って労働時間を減らしたら、

残業が減って収入が減るのではないか・・・?


結果、

労働組合を始め社員からは様々な抵抗があったようです。
当然といえば当然ですね。


働き方改革を行ううえで重要なのが、

社員が納得して働き方改革を進められるよう

社員の働きが変わった先に、

人生がどのように好転するか。


を社員が理解することです。


そのためには、

社員の働き方が変わった先のヴィジョンを、

社員に共有させるための施策が必要です。


味の素がどのようにヴィジョンを共有したか?

については、

長くなったので次回に述べようと思います。

働き方改革のセミナーを行います。

6/12及び6/25に

中小企業向けに、

働き方改革のセミナーを行います。


そこでは、

中小企業において働き方改革をするうえで、

ヴィジョンの共有をどうするか・・・。


その具体的な方法をお伝えするとともに、

ヴィジョンの共有を行うための
ツールをプレゼントします。

セミナーの詳しい内容については、

以下のリンクより。

働き方改革セミナー


今回も最後までお読みいただき
ありがとうございました!

一覧に戻る

無料プレゼント!

開業後に後悔しないために、
用地決定の前に読むべき
「飲食店開業のしおり」を無料プレゼント!

あいち飲食店開業資金支援センター
ご相談・お問い合わせ